メニュー

焼〆叩き文壺

写真をクリックすると拡大します。


作品説明

松尾潤氏の「焼〆叩き文壺」です。ロクロ成形後、叩き板を使い、文様をつけながら、全体に張りを持たせます。焼成は、焼〆土瓶と同様で、無釉のまま登り窯で本焼焼成した後、サヤ鉢に作品と木炭を詰め、ガス窯でもう一度本焼焼成しました。 (木箱)

サイズ

径25.5cm×高25cm

作家紹介

松尾潤

松尾潤

京都で故・岩渕重哉氏に陶芸を学びます。塩釉、焼き締め、朝鮮唐津、青唐津、粉引など幅広い作風を提示し、色合いが窯の状況で微妙に変わる陶器作りに精魂こめて挑みます。

»詳細

価格
108,000 円(税込)
個数

カゴに入れる