メニュー

塩窯彩花器

写真をクリックすると拡大します。


作品説明

松尾潤氏の「塩窯彩花器」です。ピンクの斑点が特徴で、独自に塩窯彩(えんようさい)と名付けます。白化粧を施し、登り窯の三室目の塩釉専用の窯で焼成し、御本手の窯変が現れた作品です。燃焼中の窯へ投入された食塩が蒸気となり充満し、素地中のケイ酸と化合し一種の釉薬を作ります。 (木箱)

サイズ

径39.5cm×高37cm

作家紹介

松尾潤

松尾潤

京都で故・岩渕重哉氏に陶芸を学びます。京都で故・岩渕重哉氏に陶芸を学びます。塩釉、焼き締め、朝鮮唐津、青唐津、粉引など幅広く、最近では青瓷にもチャレンジします。

»詳細

価格
432,000 円(税込)
個数

カゴに入れる