メニュー

釉象嵌花生 D

写真をクリックすると拡大します。


作品説明

小野隆治 作 「釉象嵌花生」です。作品は、十草を表現いたしました。釉象嵌とは、つやのない釉薬を施した器の表面を彫り、その中につやのある青磁用の釉薬を埋め込む技法です。傷はでやすいですが、一つ一つ丁寧に取り組みました。白が持つ美を焼き物で柔らかく表現。

サイズ

径18.0cm×高34.0cm

作家紹介

小野隆治

小野隆治

白を基調とした釉象嵌や銅の発色による釉裏紅に取り組み、柔らかな表現を追及します。常に新しい釉薬を研究し、焼き物そのものに秘められた魅力を引きだします。

»詳細

価格
330,000 円(税込)
個数

カゴに入れる

カード決済でのご注文はこちら