メニュー

灰釉掛分片口

写真をクリックすると拡大します。


作品説明

京焼竹村繁男氏の「灰釉掛分片口」です。口を付けてアクセントにしている鉢です。釉薬は緑の部分が杉、白い部分が葡萄の釉薬を使っています。

サイズ

幅23cm×高6.5cm

作家紹介

竹村繁男

竹村繁男

様々な植物の灰を使って、自然の灰釉を生む匠。やさしい肌合いのうつわは空間を和ませます。

»詳細

価格
10,800 円(税込)
当作品は、お買い上げいただきました。