TOP > 作家一覧 > 市野雅彦

市野雅彦 丹波焼

この作家の作品はこちら

窯元はこちら

市野雅彦 動画

プロフィール

兵庫県篠山市出身。広島にて陶芸を学び、故郷の丹波へ戻ります。
第13回日本陶芸展(1995年)で、貝を思わせる器「開」が当時最年少でのグランプリを受賞して以来、高く評価されます。
赤と黒の対比が美しい「線紋器」は、まるで無我の境地のようなものを彷彿とさせます。
オリジナリティにあふれ、作風の変化が話題となります。

作陶歴

昭和三十七年
兵庫県篠山市生まれ
昭和五十六年
今井政之氏、父・信水氏に師事
昭和六十三年
独立し、大雅窯を築く
平成七年
第13回日本陶芸展 最優秀作品賞・秩父宮賜杯
平成十一年
海外巡回・日本の陶芸展 (国際交流基金主催、南米巡回)
日本の工芸 「今」百選展 (NHK主催、パリ・国内巡回)
平成十二年
茶の湯―現代の造形展 (ヘルシンキ市立美術館・フィンランド)
国際陶芸交流展 (中国美術館・中国北京)
平成十四年
アジア国際現代陶芸展 (台北県立鶯歌陶芸博物館・台湾)
平成十五年
現代韓日陶芸展 (錦湖美術館・韓国ソウル)
平成十六年
COLLECT ('04 '08ヴィクトリア&アルバート美術館、'09'10 Seatchi Gallery、イギリス)
山陽・山陰路の現代陶芸展Ⅴ (東広島市立美術館)
平成十八年
日本陶磁協会賞
平成十九年
現代陶芸への招待 (兵庫陶芸美術館)
平成二十年
現代の陶芸-Life & Art-陶で彩る (東広島市立美術館)
平成二十一年
田部美術館大賞茶の湯の造形展 大賞
平成二十二年
現代の茶-造形の自由- (智美術館)
現代工芸への視点 (東京国立近代美術館工芸館)
平成二十三年
兵庫県文化賞

パブリック・コレクション

外務省国際交流基金、ブルックリン美術館、ニューオリンズ美術館、ヴィクトリア&アルバート美術館、 兵庫陶芸美術館、東広島市立美術館、滋賀県立陶芸の森、田部美術館 (島根県松江)

連絡先

〒669-2135
兵庫県篠山市今田町上立杭尾中
TEL : 079-597-3339

この作家の作品一覧