メニュー

TOP > 作家一覧 > 山田晶

山田晶 山田晶 山田晶窯

この作家の作品はこちら

窯元はこちら

山田晶 動画

プロフィール

京都の前衛陶芸団体、「走泥社」の創業者である山田光さんを父に、 現在は、滋賀県大津に工房を開き、几帳面な造形の器作りをしています。
「猩々緋(しょうじょうひ)」と名付けたシリーズを展開し、一見すると漆のように見える器が特徴的で、穏やかな中にもしっかりと陶芸の核を主張する赤の色合いに、たゆたゆと舞う黒の線が絶妙な均衡で配色され、重厚感すら与えます。
作品を手に持つと見た目より軽く、滑らかな手触りに、たくさんの陶芸愛好家から注目を集めます。

猩々緋

「猩々緋」とは、釉や絵の具を用い、施釉、焼成、研磨などを繰り返すことで作られました。赤と黒の釉薬を薄くかけ、本焼の後、磨きをかけます。こちらを三度繰り返し、さらにほんのりと輝くように薄く金を塗り、上絵付けをしたものです。出来上がりますと、漆のような色調と滑らかさを携えます。

作陶歴

昭和三十四年
京都生まれ
昭和五十八年
京都府立陶工職業訓練校終了
昭和五十九年
京都市立工業試験場本科卒業
昭和六十一年
朝日現代クラフト展 (昭和六十二年)
86日本クラフト展 (昭和六十三年)
朝日陶芸展
平成元年
セラミック アネックス シガラキ '89 「滋賀県立近代美術館」 (滋賀)
平成三年
『錫・皮・陶』三人展 「伊丹市立工芸センター」 (伊丹)
平成四年
『The Wall』 「三越京都祇園ギャラリー・淡路町画廊・益子陶芸村」 (京都・東京・益子)
平成五年
個展 「ギャラリー・マロニエ」 (京都)
個展 「ギャラリー・玄海」 (東京)平成七年、平成八年
平成六年
『ビヨンド・ベセル 器の概念を越えて』 (マクドガル・ミュージアム・ニュージーランド)
『La Parfum』 「ギャラリーKUKI」 (パリ・フランス)
『土の周辺』展 「聖ジャック教会」 (ヴァンドーム・フランス)
平成九年
個展 「ギャラリーESPACE」 (ひたちなか)
個展 「ART APECE JONAISAKA」 (益子)
個展 「土の花」 (東京)
平成十年
個展 「ギャラリー・にん」 (東京)
平成十一年
個展 「ギャラリー・北野坂」 (神戸)
個展 「ギャラリー・器館」 (京都)
個展 「阪神百貨店」
平成十二年
個展 「松屋」 (東京)
『国際陶芸交流展』 (中国美術館・北京・中国)
平成十三年
個展 「ギャラリープス」 (東京) 平成十五年 平成十七年 平成十九年 平成二十二年
個展 「土の花」 (東京)
平成十五年
個展「器館」 (京都)
『2003現代韓日陶芸展』 (錦湖美術館 ソウル)
『韓日陶芸作家交流展』 (ギャラリーSAGAN)
平成十七年
個展「ギャラリー器館」 (京都)
『湖国を彩るやきもの』 (滋賀県立陶芸の森)
平成十八年
ビヨンド ザ ボーダー (シンガポール国立図書館)
個展「ギャラリーにしかわ」 (京都)
季を愉しむ 和光 (東京)
平成十九年
朝日現代クラフト展 招待出品 (阪急百貨店 大阪 横浜)
個展 「ギャラリー器館」 (京都)
SOFAニューヨーク (ニューヨーク)
平成二十一年
陶のかたちⅥ ぎゃらりー栗本 (長岡)
「陶の"うつわ"と"かたち"」パート1 (滋賀県立陶芸の森)
陶三人展ー並び立つ象 (和光並木ホール)
未来へのタカラモノ (日本橋、新宿、大阪、京都髙島屋)
個展 器一客東京店 (東京)
個展 卯甲 (横浜)
平成二十二年
パラミタ陶芸大賞展 (パラミタミュージアム。三重)
個展 大丸心斎橋店美術画廊 (大阪)

連絡先

〒520-0246
滋賀県大津市仰木の里1-11-1
TEL : 077-571-2321

この作家の作品一覧