メニュー

TOP > 作家一覧 > 森山元實

森山元實 小石原焼 森山元實 窯元:森山實山窯

この作家の作品はこちら

窯元はこちら

森山元實 動画

プロフィール

福岡県東峰村(旧小石原村)生まれ。兄・喜久男さんの元で修行の後、昭和五十九年森山實山窯を築窯。
小石原焼の特徴である飛び鉋と刷毛目と呼ばれる技法で、ひとつひとつ丁寧に作り上げます。
それは日本の物でありながら、どこか異国の情緒も感じられる、無国籍風の肌合いが人気です。近年は、象嵌に熱心に取り組み、桜の花びらが一面に並んだ大壷や花瓶など、丹念に削り、手間がかかった貴重な器を作ります。
小石原で採れる土、稲を燃やした灰でつくる釉薬、薪窯での焼成などすべて天然の素材を使い、現代の暮らしに合った焼き物作りを心掛けます。
経済産業省伝統工芸士の認定を受けます。
小石原に伝承される「用の美」を大切にし、使われるたびに愛着のわく器をつくります。

作陶歴

昭和二十三年
福岡県朝倉郡小石原村(現在の東峰村)に生まれる
昭和四十九年
小石原に戻り焼き物の道に入り、兄喜久男氏に師事
昭和五十二年
本家森山製陶所で職人として勤務
昭和五十九年
森山實山窯築窯
平成八年
PAK'96 九州通商産業局長賞
平成十五年
伝統工芸士の認定を受ける

所属会派・資格

経済産業省認定伝統工芸士

連絡先

〒838-1601
福岡県朝倉郡東峰村大字小石原871-1
TEL : 0946-74-2322

この作家の作品一覧