メニュー

TOP > 作家一覧 > 岩永紫香

岩永紫香 有田焼 岩永紫香 紫香窯

この作家の作品はこちら

窯元はこちら

プロフィール

旧佐賀県窯業試験場にて下絵付けを学びます。
その後、佐賀県立窯業大学校の第一期生として、上絵付け(赤絵)を学びます。
また、山水画「現代の名工」金武自然先生に入門し、山水画を学びます。
作品は、すべて、手書きです。手書きの山水画は、年々職人が減ってきており、岩永氏の作品は愛好家から称賛されます。
特大の大壺は、江戸時代に伊万里港からヨーロッパへ輸出された古伊万里を思い起こさせ、現代では貴重です。暖かな青の染付や色鮮やかな染錦は、この上なく上品な陶芸品です。
有田焼の伝統を伝えるとともに、まるで名水のような澄んだ味わいがあり、心を和ませます。

作陶歴

昭和五十五年
有田町陶芸教室講座で陶芸を学び、また日本画講座で日本画の基礎を学ぶ
昭和五十九年
佐賀県窯業試験場にて下絵付け(有田焼染付け)を学ぶ
昭和六十年
佐賀県立窯業大学校の第一期生として入学 上絵付け(赤絵)を学ぶ
昭和六十一年
山水画「現代の名工」の金武自然先生に入門以来 山水画を学ぶ
金武自然先生より雅号「紫香」を頂戴する
青墨会会員として県立九州陶磁文化館にて青墨会展を開催
各地方会館ギャラリーにて青墨会展を開催
平成八年
オリジナル作品として「有田物語シリーズ」を製作発表し、“世界炎の博覧会”焼き物だよりとしてNHKテレビニュースで放映紹介される
平成九年
オランダ・アムステルフェインにて金武自然・岩永紫香「山水展」開催 山水大壷寄贈
平成十年
福岡NHKギャラリーにて金武自然・岩永紫香「山水展」開催
有田町に「ギャラリー紫香」開店
平成十二年
佐賀県立有田窯業大学校山水画技法特別講師 (~平成二十二年)
平成十六年
ドイツ・マイセン市カルチャーホールにて山水画実技披露
掛軸他展示寄贈
平成十七年
佐世保市アルカスにて合同作品展
平成十九年
新潟市内において個展及び山水画技法講和
平成二十年
東京玉川高島屋にて「有田物産展」参加
平成二十六年
藤沢さいか屋ギャラリーにて「桜花展」開催

連絡先

〒844-0018
佐賀県西松浦郡有田町本町丙1077
TEL : 0955-42-3718

この作家の作品一覧