メニュー

TOP > 窯元一覧 > 平戸嘉久正窯

平戸嘉久正窯 長崎県 三川内焼 平戸嘉久正窯 長崎県・三川内焼

平戸嘉久正窯ひらどかくしょうがま

 

>> 三川内焼

>> 染付


プロフィール

長崎県の佐世保三川内インターチェンジから車で約15分。平戸藩御用窯を創立した中里茂ヱ門を祖とする約400年前から続く 由緒ある窯元です。 三代目茂ヱ門の三男が里見と性を改め、その後技術の向上に努めます。しかし、江戸幕府から明治政府に時代が移り、藩窯制度が廃止され、平戸藩の保護政策もなくなったため、独立することとなりました。また、五代目要之助は、商号を嘉久正と定め、すぐれた三川内焼の製品づくりに専念し、現在に至ります。工房が見学でき、ロクロ実演、絵付も紹介します。平戸嘉久正窯は、三川内焼の中で最も代表的な技法の一つである青華技法(手描きの染付け)を継承し、日々上物作りに取り組んでいます。

【TEL】 0956-30-8765
【住所】 〒859-3155 長崎県佐世保市三川内町689
【見学】 展示場 (9:00~17:00、祝日、土曜日、日曜日は要予約) 工房 (要予約)

作家

里見寿隆

約400年の歴史を持つ平戸嘉久正窯に所属し、平成14年、ながさき陶磁展で最優秀賞受賞。
平戸藩窯として始まった三川内の秘宝を 引き継ぎ、一つ一つ手書きで、優美な世界を表現。

この窯元の作品一覧