メニュー

TOP > 窯元一覧 > 中仙窯

中仙窯 佐賀県 有田焼 中仙窯 佐賀県・有田焼

中仙窯なかせんがま

 

>> 有田焼

>> 白磁 ・ 染付


プロフィール

JR佐世保線有田駅から車でわずか数分、または、西九州自動車道波佐見有田インターチェンジから車で約5分。佐賀県立有田工業高等学校のすぐ近くです。中仙窯は、祖先の名前を由来として、名付けられました。父の跡を受け継ぎ、現在は、純さんが代表で、窯元を運営します。窯の器を焼きつつ、作家としても個展を各地で開催し、活動します。毎年開催の有田陶器市では全国からたくさんのお客様が訪問し、にぎわいます。お皿や鉢などを手にとってみると、艶っぽい見事な美しさとともに、とても滑らかな触り心地です。ち密で複雑な模様の彩色、点刻象嵌、久留米絣を想起させる独特な幾何学模様の和紙染め、端正な造形の白磁・青白磁など、一つ一つ技法が異なるバラエティ豊かな作品が飾られます。お盆の上に箸や器が華やかにコーディネートされています。

【TEL】 0955-42-2856
【住所】 〒844-0012 佐賀県西松浦郡有田町桑古場乙2395-1
【見学】 展示場 (9:00~17:00) 休日 : 年末年始
【サイト】 有田焼窯元 中仙窯 中尾純

作家

中尾恭純
井上萬二のロクロ技術を学び、現在、日本伝統工芸展の入選歴は30回をこえます。
白磁に始まり、独自の象嵌技法を編み出し、鮮やかな器を作ります。

中尾英純
兄・恭純さんと同じ中仙窯に所属し、日本伝統工芸展の入選歴は20回をこえます。
和紙染めによる独特の幾何学文様を編み出し、繊細な器を作ります。

中尾純
中仙窯中尾恭純さんの長男。
井上萬二にロクロの指導を受け、白磁と青白磁の美を追求します。

この窯元の作品一覧