メニュー

TOP > 窯元一覧 > 高麗庵清六窯

高麗庵清六窯 佐賀県 有田焼 高麗庵清六窯 佐賀県・有田焼

高麗庵清六窯こうらいあんせいろくがま

 

>> 有田焼

>> 白磁 ・ 染付


プロフィール

JR佐世保線有田駅から車で約5分、または西九州自動車道波佐見有田インターチェンジから車で約10分。車から降りると空気がとても清爽で、のどかな雰囲気がします。故・清六氏は、長崎県波佐見町に生まれ、ロクロを回し始め、白磁の技術を極めるために、有田へ移りました。そこで、当時の有田工業高校の指導員となり、教える一方で、初代奥川忠右衛門氏に出会い、技に触れ、自らもロクロの修行を重ねました。独立を決め、昭和41年、有田の地に「高麗庵清六窯」を開きました。清六氏は、長年、意欲的に取り組み、ロクロの名工として知れ渡りました。非常に優れた技術で、平成二年、佐賀県重要無形文化財白磁保持者に指定されました。展示場では、清々しい印象の白磁、和紙染、そして染付の作品が存在感を持ちつつ、上品に飾られています。それは、一つ一つ手作りの温もりがやわらかく伝わってきます。現在は、長女の恵美子氏がその跡を受け継ぎ、御子息の清吾氏とともに作陶します。高麗庵清六窯の器は、JR九州クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の車内に提供されます。

【TEL】 0955-42-2432
【住所】 〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲1101
【見学】 展示場(9:00~17:00) 休日 : 年末年始

作家

中村清六
ロクロ一筋70年以上、日本の白磁を作ります。
平成2年、佐賀県重要無形文化財陶芸白磁の保持者に指定されます。

中村恵美子
故・中村清六さんの長女。
和紙染めの技法で、藍色のグラデーションを白磁に描いた作品は、女性のやさしさを表現します。

中村清吾
有田で独自の白磁を制作。
安定した形に築かれる柔らかなラインと温かみのある白をお楽しみ下さい。

この窯元の作品一覧