メニュー

TOP > 窯元一覧 > 岡田窯

岡田窯 山口県 萩焼 岡田窯 山口県・萩焼

岡田窯

 

>> 萩焼


プロフィール

江戸時代に築かれ、200年以上受け継がれてきた由緒ある窯元。JR山陰本線東萩駅より車で約5分。すぐ近くに、国の史跡に指定された「萩反射炉」があります。八代目窯主岡田裕さんとご子息の泰さんのお二人が窯を運営します。初代から受け継がれた登り窯で焼成を行い、作品に見事な窯変が表れます。展示場には茶道具を中心に、日常使いの食器や、飾り皿、花入れ、壷、鉢、ぐい呑などが飾られています。茶碗、水指などの伝統的な茶道具に、独特な造形を作り上げ、新たな境地を開拓します。裕さんは、近年、さまざまな形の型紙を用い、化粧土を吹き付ける炎彩という技法をもとに、萩焼の表現領域を広げています。また泰さんは、淡青釉というシリーズで、日本海の澄み切った色を想起する柔らかな釉調を作ります。やさしく深みのある作品は、まるで日常生活の喧騒を忘れるかのような、静謐な空間を提供いたします。

歴史

晴雲山の開祖権左衛門は、肥前国に生まれ、陶業に従事しました。深く技を究めるために、諸国を巡歴し、天明二年遂に萩城下小畑に居を定め窯を築きました。その後、研鑽努力し、白磁や安南風のものまで手がけて焼いておりました。時の藩主毛利斉房公に献納し、特にその作を愛賞されるに及び寛政八年家臣の列に取り立てられ、族籍及び俸禄を賜りました。七代仙舟没後、先代の陶技を伝えるため、窯作品に仙舟、または晴雲山の銘を入れております。

【TEL】0838-25-3737
【住所】〒758-0011 山口県萩市椿東前小畑1区
【見学】展示場(9:00~17:00、定休日 日曜日)

作家

岡田裕

萩焼岡田窯八代目。新たな造形と窯変の多様な色彩の表現を志します。 (山口県指定無形文化財萩焼保持者)

岡田泰

岡田裕さんの長男。
伝統ある岡田窯の後継者で、オリジナルの「淡青釉」のおだやかな色合いが好評。

この窯元の作品一覧