斑唐津平皿 (ベタ皿)

  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)
  • 斑唐津平皿 (ベタ皿)

写真をクリックすると拡大します。

作品説明

藤ノ木陽太郎 作 「斑唐津平皿 ベタ皿」です。鳳凰の羽、モチーフの印、そして川の流れをイメージした彫りを施しています。和食でも洋食でも何にでも使えて、とても便利な器です。班唐津とは、長石に藁灰を混ぜて焼成する事で粘土に含まれる鉄分が青や黒などの斑になったものです。

サイズ

径26.5cm×高1.6cm

作家紹介

藤ノ木陽太郎

藤ノ木陽太郎

佐賀県唐津市土平窯にて作陶。茶陶、食器に加え、楽器や動物をアレンジした置物など、豊富に作ります。

» 詳細

価格
¥13,200(税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む