TOP > 窯元一覧 > 虎仙窯

虎仙窯 佐賀県 鍋島焼 虎仙窯 佐賀県・鍋島焼

虎仙窯こせんがま

 

>> 鍋島焼


>> 色絵 ・ 青磁

プロフィール

佐賀県伊万里市から唐津間の国道202号線沿いに窯を構えます。道の駅伊万里ふるさと村の近くで、国道から登り窯が見えます。虎仙窯の看板のある入口を100m程入り右手の方へなだらかな坂を上れば虎仙窯に着きます。先祖は代々御細工場(鍋島藩窯仕事場)で、青磁の製作と絵描きを承っていました。近年は、青磁焼成の近代化研究に努め、優れた鍋島青磁を焼き上げることに成功しました。伊万里市内で磁器を焼く登り窯を保有しており、とても貴重です。鍋島焼の長い歴史と伝統工芸にいきづく魅力を提供します。作品は、すべて手描きと手仕事で仕上げられます。また、安全性を考慮し、食器等の絵の具は無鉛絵の具を使用しています。真心を込めつつ、使って楽しくかつ安全な器が好評です。虎仙窯大川内山ギャラリーは、かつて、鍋島藩の御用窯が置かれた秘窯の里・大川内山にあります。藩窯公園駐車場から少し坂道を登って頂いてすぐ右側に見えます。日用食器、装飾品等、窯独自の技法を活かした作品をとり揃えます。

鍋島焼は色鍋島・鍋島青磁・鍋島染付があり、主な特徴は下記の三点です。

1.色鍋島
主に薄い染付輪郭線の内側に赤・淡緑・淡黄の三色だけで上絵付します
2.鍋島青磁
美しい青磁釉を器の全体にかけて焼き上げます
3.鍋島染付
染付けだけで文様を描きまとめます

【窯主】 川副虎隆
【TEL】 0955-24-2137
【住所】 〒848-0015 佐賀県伊万里市南波多町府招1555-17
【サイト】 伊万里・鍋島焼窯元 虎仙窯
【イベント】 登り窯展、鍋島藩窯秋まつり、大川内山ギャラリーにて喫茶こせん、ショールーム見学、ロクロ回しの体験可。

作家

青木妙子

有田伊万里焼伝統工芸士。
身近な花をモチーフとして、古風でやわらかな作風を表現します。

川副隆彦

佐賀県伊万里市虎仙窯にて作陶。
伊万里焼の伝統を未来に伝えるべく、繊細で可憐な絵柄を表現。