TOP > 窯元一覧 > 山王窯

山王窯 茨城県 笠間焼 山王窯 茨城県・笠間焼

山王窯さんのうがま

 

>> 笠間焼


プロフィール

山王窯は、水戸から北西に約40㎞、清流那珂川の流れる茨城県北部の緑豊かな山里の地、旧御前山村(現常陸大宮市)に、昭和五十七年、窯を開きました。茨城県常陸大宮市は、縄文時代の遺跡が発掘され、昔から人が暮らしていた跡があることがわかりました。笠間、瀬戸、益子などで修業を重ねた菊地氏、そして京都の美大を卒業後、笠間、益子で学んだ赤荻氏が夫婦で営む陶芸工房です。菊地氏は、「彩泥瓷」の作品を日本伝統工芸展をはじめ多くの公募展、個展などに出品。また、粉引き、三島、刷毛目などの技法を使った茶道具、花器などをはじめ、コーヒーカップや湯のみなどは普段使いの器としてお客様に愛好されます。また、赤荻氏は、飯碗、カップ、急須など女性らしい感性で作りだす普段使いの食器が使いやすいと評判です。

【交通アクセス】常磐高速水戸インターより 国道123号線を御前山・茂木方面へ 約40km
        水郡線大宮駅よりタクシーにて約25分
        常磐線水戸駅より 茨城交通バス御前山長倉車庫行き 約1時間
【TEL】 0295-55-3922
【住所】 〒311-4612 茨城県常陸大宮市中居291

作家

菊地弘

粉引、三島手、刷毛目、焼き締め、黒釉、彩泥など幅広く作陶。
フランス国立セーブル陶磁美術館に招待出品し、国際的にも活躍します。