TOP > 窯元一覧 > 森山實山窯

森山實山窯 福岡県 小石原焼 森山實山窯 福岡県・小石原焼

森山實山窯もりやまかんざんがま

 

>> 小石原焼


プロフィール

森山實山窯は、大分自動車道杷木インターから車で約20分ほどのところに工房を構えます。福岡県から、車で高速道路に乗り1時間ほどで着きます。日帰りでも訪れます。昭和59年、本家森山製陶所より分家し、森山實山窯を築きます。窯は、元實さんとご夫人、ご子息の寛二郎さんの3人で運営します。展示場には、小石原焼の壷、花瓶、大皿、コーヒーカップや湯呑、お皿、茶碗などの食器も飾られます。作品は、小石原で採れる土で形を作り、釉薬を掛け、単窯(薪窯)で焼成します。そのため、自然が持つゆらぎの味わいが感じられます。現代の暮らしに合った小石原焼を制作します。

【窯主】 森山元實
【TEL】 0946-74-2322
【住所】 〒838-1601 福岡県朝倉郡東峰村大字小石原871-1
【見学】 展示場(9:00~18:00、休日 : 年末年始)

作家

森山元實

實山窯初代窯主で、40年以上作陶します。
飛び鉋、刷毛目を取り入れた器は、小石原焼の伝統を保持しつつ、現代の生活によく合います。

森山寛二郎

森山元實さんの長男で、福岡県東峰村にて作陶。
手になじみやすい器作りとろくろで作った形を切って継ぐことで緊張感を持たせた作品にも挑戦。