TOP > 窯元一覧 > 五十吉 深香陶窯

五十吉 深香陶窯 石川県 九谷焼 五十吉 深香陶窯 石川県・九谷焼

五十吉 深香陶窯いそきちしんこうとうよう

 

>> 九谷焼


>> 色絵

プロフィール

五十吉 深香陶窯は、小松空港から車で約20分、またはJR北陸本線小松駅から車で約10分。展示室があり、香炉、大皿、花入れ、壷、コーヒーカップ、皿や鉢などの食器が置かれます。九谷の伝統の技術を継承しつつ、新しい九谷焼を制作します。五十吉 深香陶窯がある小松市八幡は、江戸時代末から続く九谷焼の素地生産地でした。大正初期に初代磯吉さんが八幡に工房を開き、現在の三代目五十吉さんまで代々続きます。現在は、五十吉さん、娘の一華さん、ご主人の宏昭さんの三人が窯で作陶します。窯に併設されたギャラリー&カフェ「五十吉」では、窯で作られた器でコーヒーやジュースなどをいただけますので、そちらでの休憩もおすすめです。九谷焼五彩釉で彩られた鮮やかな器をどうぞお楽しみ下さい。

【TEL】 0761-47-0051
【住所】 〒923-0833 石川県小松市八幡己50-1

作家

浅蔵五十吉

五十吉 深香陶窯三代目窯主。
鮮やかな黄色を全体に塗り、深みのある上絵を施し、現代的な造形が作品を際立たせます。

浅蔵一華

浅蔵五十吉さんのご息女。
九谷焼の伝統を受け継ぎつつ、親しみやすい色合いにきりっとした幾何学文様を描き、安らかさを感じさせます。

浅蔵宏昭

五十吉 深香陶窯にて作陶。
素地作りから行い、文様を色鮮やかかつ緻密に描きます。