TOP > 窯元一覧 > 琥珀陶芸舎

琥珀陶芸舎 佐賀県 嬉野 琥珀陶芸舎 佐賀県

琥珀陶芸舎こはくとうげいしゃ

 

プロフィール

平成14年、小野次郎さんが嬉野町に琥珀陶芸舎を築きました。長崎自動車道嬉野インターチェンジより約2分、県道1号線に面して、黄色い看板が目印です。近くには、日本三大美肌の湯として知られた嬉野温泉があります。周囲を緩やかな山に囲まれ、作陶に恵まれた環境です。次郎さんは、佐賀県重要無形文化財保持者珀子さんのご子息です。琥山窯にて修行しつつ、作陶を開始しました。長い間勤務し、珀子さんが亡くなった後に、金襴手・釉裏金彩の技法を受け継ぐ人がなくなり、流れが止まらないよう、自らが継承することを決意し、独立しました。直接、指導を受けた経験はなく、見学していた様子を思い出しながら、難しい技に挑みました。その結果、色彩豊かでまばゆい輝きを放つ名品が作られました。また、次郎さんも、平成22年、惜しまれつつ、他界しました。現在は、ご夫人の小野ゑ満さんが窯を運営します。格調高い金襴手、釉裏金彩の鮮やかな世界をどうぞお楽しみ下さい。

【TEL】 0954-42-1742
【住所】 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿甲3166
【イベント】絵付け体験 (要予約)

作家

小野珀子

数多くの豪華絢爛な作品を残しました。
平成四年佐賀県重要無形文化財に指定。

小野次郎

故・小野珀子の次男。
金の魅力を最大限に引き出し、味わい深さを表現。

小野ゑ満

琥珀陶芸舎窯主。
故・小野珀子の釉裏金彩の技法を受け継ぎます。